スタッフブログ

地震の大きさを再認識しました2011/06/10

東北地方太平洋沖地震から3ヵ月が過ぎました。

本震発生から3か月間でマグニチュード5以上の余震が500回近く起こっているそうです。

実は、小規模な地震がこまめに起きたほうが蓄積されたエネルギーが減少するので好ましい・・・などと素人考えを持っていました。

あらためて調べてみると、マグニチュードの数値がN増えるとエネルギーは10の1.5N乗も増えるそうです。

マグニチュードが2違うと千倍、今回の地震のマグニチュード9は5の百万倍のエネルギーになります。

マグニチュード5、6の地震が何度起きても、今後想定される巨大地震のエネルギーに対しては無視できる程度のものなのかもしれません。

兵庫県南部地震のとき、日本で橋が落ちたり、高速道路が倒壊するなんて思ってもみなかったので、大変ショックを受けました。

地震による津波に関しても、特別な地形でないかぎり、せいぜい数m程度のものかと思っていました。

地震による災害が起きるたびに教訓を得、認識をあらたにするのですが、その代償は大きすぎます。

今後の自然災害に対するハード対策、ソフト対策を急がなくてはなりませんが、まずは一日も早く被災された方々が補償され、被災地が復興されることを願ってやみません。

お見舞いに2011/06/10
写真

先日、友人にフラワーアレンジを作ってプレゼントしました。

作っても写真に撮らないことも多いのですが、今回はブログの話題にと撮っておきました。

仕事帰りに慌ててお花を探しました。

レースフラワーとドラセナはお花屋さんですが、あとのオリエンタルゆり、ガーベラ、カーネーションなどはホームセンターで買いました。

かごは家にあったものです。

ルーシーのお気に入りなので、返却してもらおうかしら?

流体力学2011/06/09

弊社は正式名称インデックスシステムコンサルタンツ株式会社。

通称、インデックス出版です。

インデックス出版は土木系の書籍が多いのですが、出版以外に、CADソフト開発、流体解析をしているからです。

著者の先生方の中には、流体解析でもお世話になっています。

流体解析は河川のCADデータと流量データをパソコンで解析シミュレーションして、その河川に架ける橋の柱(橋脚)の形状や大きさが適正か判定したり、海岸の砂の動きのシミュレーションをしたりします。

今回、津波の被害、放射性物質拡散予測などを報道で見聞きすると、いろいろなところに流体力学があって、災害で起った力の作用を解析して収束させたり、復興に役立てていくのだと思いました。

お昼寝処−42011/06/09
写真

また窓際です。

外を監視するための場所ですが、居眠りも多いです。

起こしてみました。

もう止めてよって感じですか?

床から120cm。

梅雨2011/06/06

今年の梅雨は、5月27日に関東甲信地方、東海地方で梅雨入りしたと見られると発表され、

平年より12日早く、昨年より17日も早い梅雨入りだそうです。

関東甲信地方の梅雨入りの早さとしては、観測史上2番目に早い梅雨入りです。

梅雨明けは平年7月21日、昨年7月17日です。

今年は梅雨が長いのでしょうか?

夏が長いのでしょうか?

関東甲信越の1ヶ月予報は―

平年に比べ雨の日が少ない見込みです。

向こう1か月の降水量は、平年並または少ない確率ともに40%です。

週別の気温は、1週目は、平年並または高い確率ともに40%です。

だそうです。

ということは、雨の少ない梅雨ということ…。

今年は節電の話があるので、どんな天気になるのか気がかりです。

お昼寝処−32011/06/06
写真

この日は、毛皮干し日和。

どうもこの子、しっぽが長いのに、管理が悪いんです。

しっぽたたんでください。

床から80cm。

お昼寝処−22011/06/03
写真

こんな日もありました。

かなりのかごフェチみたいです。

あれ、わたしがかごいっぱい使っているせいかも…。

しかも、なぜかこんなポーズでした。

床から70cm。

危機感なし。

月刊 『化学装置』2011/06/01
写真

月刊 『化学装置』((株)工業通信より)が復刊されました。

編集者と関係者の思い入れと熱意に敬服させられます。

こういう日本の最新技術が、経済や生活を支えているんですね。

版元の(株)工業通信さんはTBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」でも紹介されたユニークな会社です。

新刊 『ブルドック―その意外な歴史―』2011/06/01
写真

カバーが決まりました。

近々、発売。

進行中 (仮題)『ダイナミックチェス入門』2011/06/01
写真

インデックス出版では、ジャック・ピノー著『チェスの花火』を2005年に発売、社内在庫はわずか。

興味をもってくださった方、ホームページで一部、立ち読みできます。

現在、ピノーさんの著書『ダイナミックチェス入門』の新版制作中。

もともと将棋ができる方、この本でチェスをはじめられますよ。

また高度な内容も紹介。

素人のわたしが見ても素敵な美しい本です。

まだ数ヶ月はかかりますが、発売が楽しみです。

チェスができて「チェックメイト!」って言えるとかっこいいですね。